ホーム » » 東京の水道水で肌荒れする人の特徴

東京の水道水で肌荒れする人の特徴

日本は水道水が飲めるほど、水道環境がいいと言われていますが、地方と東京では水質に違いがあるようです。
ある地方出身の方が上京してから、お風呂や洗顔などで東京の水道水を使い始めてから肌荒れが出たという人がいます。
肌の強さには個人差がありますから、強い反応をしてしまう人もいれば気にならない人もいますが、この人の場合は、露骨に肌荒れを実感してしまったようです。


東京は、マンションなどの場合、一度タンクに貯めた水を各部屋に水を送ります。
タンクに貯めていた時に水質が悪くなるという説もありますが、水の浄化の程度による可能性も否めません。
水質を浄化するために使われている薬品は全国に大きなばらつきはないと考えられますが、正確には各都道府県の水によって調整しているのではないでしょうか。東京は上下水ともに大量の水が発生しますし、自然の浄化力が地方よりは弱いと考えられるため、人工的な浄化の度合いが強いと考えられます。
肌あれを起こしたくない人は、お風呂やシャワーにも浄水器のようなものを取り付けてお風呂に入ることで肌あれを防止できる可能性がありますので検討してみましょう。

赤ちゃんが喜ぶおすすめウォーターサーバー